代表プロフィール

奥 真由美 (おく まゆみ)

秋田市出身、横手市在住。
20代の息子と娘の母。

教師経験を経て、不登校の子ども達と
大型ヨットクルーザーでミクロネシアを大航海し、無人島で暮らすという冒険型プロジェクトの現場教師として活動経験を持つ。サバイバル生活から得た貴重な体験を生かし、2000年より学習塾を経営。“生きる力“をつけるための課題解決型の指導をモットーに子どもと関わっている。
現在は学習塾での指導のみならず、 キャリア教育コーディネーターとして 地方創生やキャリア教育を中心に地域や学校現場での指導や活動、 企業の人材育成の研修、さらには不登校ためのサポート(アドバイザー・コーチング・学習指導)なども行っている。2018年には集いの場・語り場・つながる場として 一軒家のコミュニティスペース「あそびとまなびの森 ハンモック」を横手市にオープン。 地域の中で一人ひとりが活躍できる「出番作りと居場所作り」を目指し、 コミュニティの拠点となるべく活動していくことを目標としている。

・小学生~大学受験までの全教科の学習指導 プライムスクール
・ベネッセこども英語教室での英語指導
・大人のイングリッシュカフェ主宰
・幼児教育指導「脳トレEQジム」(かずかたち検定・算数検定)
・母親の語りの場・学びの場「プライムカレッジ」主宰
・学習相談・子育ての悩みのカウンセリング・コーチングを行う
・キャリア教育コーディネーターとして小・中・高で授業サポート
・マザーカレッジ認定講師として「マザーカレッジ横手校」主宰

<無人島にて>

教師経験を経て、不登校の子供たちとミクロネシアの
無人島に家を建てて暮らす経験をする。

大学時代ヨット部の経験を活かして大型ヨットクルーザーで
横浜を出港し、約1ヶ月かけて無人島へ。

何もないサバイバル生活で得たものが、
今の自分の「軸」となっている。

数年間の海と陸の生活を経て、不登校(当時は登校拒否)の
子どもたちや親御さんのサポートを開始し、全国のフリースクールを回りながら
親の会の勉強会やセミナーを開催。

<キャリア教育コーディネーターとして>

キャリア教育コーディネーターとは、地域社会が持つ教育資源と学校を結び付け、
児童・生徒等の多様な能力を活用する「場」を提供することを通じて
キャリア教育の支援を行う役割を担う存在。

子どもたちがそれぞれの持ち味や強みを知り、
様々な場面で発揮できる人材育成とキャリア教育の発展に日々努めている。

<役職>

株式会社オクシュ―プラス 副社長
一般社団法人Sail On Japan 代表理事
学習塾プライムスクール 塾長
キャリア教育コーディネーター

ピックアップ記事

  1. 「 高校生株式会社オリジナル商品販売会 」 2018年10月…

学生が総理公邸でプレゼン

2016年1月12日(火)内閣総理大臣夫人 安倍昭恵氏より、雄物川高校・国際教養大学の学生を、総理公邸へご招待いただき、プレゼンテーションをさせていただくという機会をいただきました。