私が目指すもの

自分自身の「生き方」を考えてほしい

そして地域を、秋田を、世界を背負っていく大人になってほしい

私が「生き方」を考えるようになったきっかけは、
不登校の中学生の子供たちと経験した、
ミクロネシアの無人島でのサバイバル生活でした。

何もない無人島生活から学んだ経験

このプロジェクトは、1990年6月にスタートしました。

大型ヨットクルーザーで横浜を出港、
不登校の中学生の子どもたちと、ミクロネシアの無人島までの大航海のあとで、
そこで家を建てて暮らすというもの。

海の上で往復2ヶ月、無人島で1ヶ月。
約3か月、現場教師として子ども達と運命を共にしました。

普段の生活では当たり前だったことが、何もありません。
そして生きていくために 生きることが重要なことでした。

・家も風呂もトイレもない
・食べ物と火の材料の枝は、海と陸から見つける
・火は自分でおこす
・ヘビや危険な動物から襲われる危険性も
・ハエややぶ蚊などの虫もすごい
・嵐や暴雨で家が飛ばされる状況も

などなど本当に命がけの生活でした。

心が折れそうになりながらも、3か月のサバイバル生活で得たものは計り知れません。

不登校や引きこもりの中学生が、
「生きるため」に自分で考えて、自分で行動しなければならない
究極の環境の中で、生きる力を自然に体得していきました。

生きている豚の命をいただいた日

「生きる」とはなんだろうか?
生きる を考えたきっかけの1つに”豚の丸焼き”がありました。

私たちは、生きている豚を別の島から購入し、
その豚を手足を縛り生きたまま船で運んできました。
そして、子どもたちにも手伝ってもらい、豚を”調理”しました。

細かくは書きません、
が・・・

生き物の最後。
それは、頭にこびりついて離れない光景。

目の前で生き物の命をいただく・・・

目を背けたくなるこの状況、
子どもたちにとっては、ショッキングな出来事でした。

私にとっても・・・
スーパーでパックに詰められている肉とは違って
さっきまで温かく、生きていた豚。
それを、自分たちが生きるために命をいただく・・・
「生きる」とはなんだろうか?

不登校や引きこもりの子どもたちは、
人とうまくコミュニケーションが取れない傾向があります。

人と話すことがほとんどない、ゲームとテレビ中心の昼夜逆転の生活、
運動不足から肥満気味で、瞳もどんよりと曇り覇気がない状況でした。

しかし、ヨットと無人島での生活を経験した彼らは、
これまでの生活とは180度変わりました。

それは何より「生きなければならない」状況を経験したから・・・

何でもある環境があたりまえの子どもたち

今の日本は、子どもたちにとって非常に恵まれた環境です。
恵まれすぎている、とも感じます。

何もしなくても、生きていける。
考えなくても、生きていける。
必死に生きなくても、生きていける。

ご飯も出てくる、ゲームもある、何でも手に入る。

どんな欲求があるのだろう・・・
こんな豊かな環境の中で・・・

豊かで何でもある環境の中だからこそ 自分で考えて意見が言えない子どもが増えている

私は生徒たちにいろんな質問をします。

例えば、
「部活は楽しい?」
「はい」

「部活のどんなところが楽しいの?」
「え・・・・と・・・・。いや、まあ楽しいです・・」
単純な質問に対する応えは、ほぼ答えになっていません。

「微妙です」「普通です」
という、あいまいな表現を多く耳にします。

自分の意見がないのか、表現できないのか・・・
ふだん、質問をされる場面が少ないようにも感じています。

自分で考えなくても生きていける。
自分が何かしなくても、誰かがやってくれる。

その結果、考えて意見を言う、考えて何かをやってみる、
ということが、できない生徒が増えているのです。

国語、数学、英語、理科、社会、
学問として知識を学ぶことは当然のことながら非常に大事なことです。

しかしこれからの厳しい時代、より重要になってくる力は、
暗記して知識習得型の学習や、高い点数を取る力ではありません。

答えのない問いや課題に対して、
解決していく力が求められます。

そのためには当然、自分の頭で考え、判断し、
動いていけなければ課題解決力はつきません。

頭はいいが、仕事ができない大人も多い現実

頭はいいけれど、仕事ができない

あなたも、何度か聞いたことがある言葉だと思います。
頭はいいかもしれないが、仕事ができない。

「頭がいい」とはどういう意味だと感じますか?

一般的に「頭がいい」とは、テストの点数や成績がいいことや、
いい高校やいい大学に入れる人のことを指すかもしれません。

秋田県も毎年小・中学校の学力テストは
全国トップクラスの成績を収めていますね。
素晴らしいですし、また非常に誇れることかもしれません。

しかし、テストの成績が良くても、

・自分の考えや意見がない、あるいは発言できない。
・工夫したり、イメージや想像しながら考えることができない。
・人の話を聞くことができない。
・まわりの状況を感じながら、コミュニケーションを取れない。
・失敗して人に言われたくないので、何も行動しない、挑戦しない。

という生徒がいるとします。
あなたが経営者なら、そういった人間を雇いたいと思いますか?

秋田の子どもたちの特性。
「ちゃんとやる」
「しっかりやる」
「失敗しないようにきちんとやる」

確かにすばらしいことかもしれません。
でも・・・
それだけでいいのでしょうか。

学歴は高いのに、

・「人」と「人」とのコミュニケーションが取れない
・人に言われないと動けない
・受け身的で支持待ちのロボット人間
・工夫したり、想像しながら行動することができない

どうでしょう。本当は失敗から学ぶ環境こそが非常に大事なのです。

課題解決力がない人間は、今後厳しい状況になるかも・・

今の時代、子どものころから物質的に何でもあります。
人とコミュニケーションができなくても、生きてはいけるでしょう。
勉強ができていい大学に入ればいいと言われます。

しかし、そんな子どもたちがそのまま社会人になると・・

・人に相手にされないので、何度も転職して、結局引きこもりになったり。
・人と会っても、人の目を見て話ができず、常にスマホをいじっていたり。
・おはよう、こんにちは、などの挨拶をしない、できないなど。

・仕事をしても覇気がないし、常に受け身の態度しかとれない。
・友達がいない、異性とうまく付き合えない、結婚できない、インターネットが友達。
・人の気持ちを汲み取れず人を見下したり、えらそうな態度を取る。

思い当る方がいらっしゃるのではないでしょうか。

そういった人間を作らないように行っている活動が、

1.小中高校生に向けて、アクティブラーニング型の学習塾(プライムスクール)
2.中高生に向けて、市や会社と連携した地域活動(キャリア教育)
3.中高生に向けて、子どものチカラで、地域が輝く(コヂカラ・ニッポン)
4.お母さんに向けて、より良い子育てを学ぶ勉強会(マザーカレッジ)
5.お父さんに向けて、男性の育児勉強会(ファザーリングジャパン東北)
6.経営者に向けて、男性の育児環境サポート(イクボスプロジェクト)
7.社会人の女性に向けて、女性がもっと楽しく働ける支援(UZUの学校)
8.不登校のお子さんに向けてのサポート支援(カウンセリング、コーチング)
9.その他教育関連での活動

教えない、考えさせる

子どもに考えさせる。考え抜く力をつける。

そのために
「質問する」という事を非常に大切にしています。

「うちの子は、家では何でも話すんですが、外では話せなくて・・・」
「授業では全然手を上げなくて、当てられても話せないんです・・・」
「みんながいたら、話せなくなるんです・・・」

コーチングという手法で徐々に引き出していきます。

「○○(君)さんは、どこがおもしろかった?」
「○○(君)さんは、どう感じた?」

そしてもう少し深めたり、共感したり、ほめたりします。
最後にお子さんは笑顔になります!

・あんなに話をしなかったうちの子が、家で話すようになった
・家に帰るとすぐテレビをつける子が、母のやることに興味をもつようになった
・手伝いをしたり、質問したりしてくるようになった

質問することで伸びていく

「質問」することで、お子さんは真剣に自分の考えをまとめ、話してくれます。
最初は自分の考えをまとめることができませんが、
少しずつ、少しずつ考えがまとまり、自分から話してくれるようになってきます。

小さいころからいろんな質問を投げかけられてきた子どもさんと、そうでない子どもさんでは、
自分自身で考えそれを発言できる力が違います。

一番初めは高校入試の面接でしょうか。
高校の面接でうまく話せたという子どもさんは、あまりいないと思います。

しかし、自分の考えが発言できるようになってくれば、
中学生でも自信のある発言ができます。

そして、自信がついてきたら
自分で考え、自分で行動するようになってきます。

質問をし、子どもに考えさせることで、
自立するために必要なコミュニケーション能力、
そして、生きていくための課題解決能力が育っていきます。

子どもが自立し、独り立ちするために

私どもが考える、自立した人間とは。
世の中で独り立ちして、自分らしく生きられる人間。

・人と堂々と話せる。人に自分の考えを話せる。
・心から自然な笑顔ができる。
・相手の話を聞き、それを踏まえて自分の考えを話せる。
・「ありがとう」「ごめんなさい」「さようなら」など、挨拶が言える
・親に感謝する。友達に感謝することができる。
・流されず、自分の意見を言うことができる。

こんな人間だと思っています。
そんな思いで子どもたちと接しています。

自立した人間になってほしい、
中高生未来会議、中高生と地元の商品を作るなど
中高生に向けて市や会社と連携し、地域主体のキャリア教育を提案し、取り組んでいます。

中高生が、秋田の未来を作る!

私が今の中高生に伝えたいことは、
これからの秋田を、一緒に盛り上げてほしい、ということです。

都会に憧れることは、もちろん素晴らしいことです。
一度都会で生活をするのもよい経験だと私は思います。

しかし今、秋田を背負っている大人、地元を盛り上げている大人は、
そのうちいなくなります。誰かにバトンタッチしなければなりません。

では、誰が秋田を背負っていくか?地元を盛り上げていくか?
それは大人になった、今の中高生です。

中高生と大人がタッグで

地元には、素晴らしい資源、素晴らしい大人が沢山います。
しかし皆さんからは、
地元にいると見えにくいし、気づきにくものです。

また、中高生が大人との接点をもつことは、
非常に少ないことだと思います。

私はキャリア教育コーディネーターという資格があります。

この資格は、簡単に言えば、
中高生と、会社・地域をつなぐことができる資格です。

近所の美味しいレストランで、学生オリジナルメニューを作ってみたい
→実現できます。

建築会社と連携して、家を作ってみたい
→実現できます。

ブライダルサロンと連携して、結婚式を祝ってみたい。
→実現できます。

大人と地域を巻き込んで、イベントを行ってみたい。
→実現できます。

まさに、面白く、人気の、そして行列のできる(笑)、インターンシップができるんです。
※会社、地元、団体の方々にもご協力いただきます

私が知っている多くの会社経営者の方には
非常に熱く、夢を持っておられる方が沢山いらっしゃいます。

そんな方々に、中高生が学ぶことができたら
熱い生き方や、素晴らしい活動をしている大人から話を聞けたら、
それはもう・・・素晴らしく貴重な発見だと思うんです。
社長の名刺をもらっただけでも嬉しいはずです。

秋田の未来を背負う、今の中高生のために、
そんな機会をできるだけ作っていきたいと考えています。





2016年1月 学生が総理公邸でプレゼン


2016年1月12日(火)内閣総理大臣夫人 安倍昭恵氏より、雄物川高校・国際教養大学の学生を、総理公邸へご招待いただき、プレゼンテーションをさせていただくという機会をいただきました。

2015年9月横手 中高生未来会議

ピックアップ記事

  1. 土曜日は湯沢市役所ホールでハーモニーフェスタが開催されました…
  2. 【これからの学校・家庭・地域の連携・協働の在り方】(5/18…
  3. 2017年5月16日(火)、秋田青年会議所さんにお呼び頂き、…